今日は20回目の結婚記念日

今日は、20回目の結婚記念日です。

1998年の3月に出会って、

1999年の3月に東京で一緒に暮らし始め、

2000年の3月10日に入籍しました。

私たちにとって3月は、変化する月かもしれませんね(^o^)

 

 

 

今では、我が家の夫婦関係を「理想のパートナーシップ!」と言ってくれる人が、何人かいます。

とてもありがたいことですが、最初からそうだったわけではありません。

入籍して最初の10年は、バトルの嵐…(笑)

タイプがまったく違うので、相手の考えていることがわからないんです。

 

 

私は彼に対して、「私の気持ちをわかってくれない」という怒りの感情を日々溜めこみ、いつか、彼がわかってくれるだろうと無意識で期待していました。

言わなくても、察してくれることを望んでいたんですね。

ところが、彼はいつまでたっても気づかないので私は被害者となり、溜め込んだ怒りがある日、些細なことで爆発する(^o^;>

彼は、なぜこんな些細なことで私が激怒するのか理解できない。

 

 

最初はあまりぶつかることはなかったんですが、入籍した頃から、隠していた”地”が、出てきたんだと思います(笑)

もちろん、意図的に隠していたというよりは、「理想の相手でいたい」「嫌われたくない」という想いから無意識にしていた行動だと思います。

でも、一緒に暮らし始めると、自分とは違う価値観や考え方、そして怠け癖(笑)など、お互いにボロが出てきてしまうんですよね(^^;>

 

 

パートナーシップは、この(地というより)”素(す)”が出てきて、ぶつかり始めてからがスタートだと、私は思っています。

実は、自分の”素(す)”は、自分でもわかっていなかったりするんですよね。

親子の場合は、幼少期から一緒なので違いがわかりませんし、

ひとりのときは、違いを感じる相手がいないので気づきませんから。

 

 

凸凹な自分と凸凹な相手。

その凸と凹が違えば違うほど、理解するのに時間がかかります。

我が家は10年以上。。。(^^;>

 

 

私たちは子どもがいなかったので、その間ずっと夫婦関係に向き合ってきたと思います。

子どもを仲介して夫婦関係を作っていると、子離れしてから向き合う時間が来るのかもしれませんね。

いずれにしろ、自分が持っていないものを相手が持っていて、相手が持っていないものを自分が持っている。

その違いが大きいと大変です。

 

 

ただ、コンシャスライフは、パートナーを創り出しているのも自分の潜在意識と考えます。

つまり、自分が持っていないものを相手が持っているということは、その能力は自分の潜在意識にあるということになります。

相手と違えば違うほど、自分の能力の可能性が広がるということですね!

 

 

私も、夫の持っている能力のいくつかを意識的に手に入れよう(顕在化しよう)としています。

例えば、

「じっくり考える前に、ともかく行動してしまうところ」とか、

「どんな場所、どんな相手とでも自分でいられるところ」とか。。。

 

 

それらは、以前の私にとっては理解できない、許せないものだったりしました。

だから、「もうちょっと考えてから行動したら」とか、

「もう少し、きちんとした格好で行ったら」と文句を言っていた点です。

 

 

でも、潜在意識の視点で相手を見ることができると、拒絶ではなく承認ができます。

それが、夫婦関係を変え、同時に私自身の未来を創ることに役立っています。

 

 

パートナーを自分の想い通りにしようとしても無理なのは、

凸凹な自分と凸凹なパートナーであることに本当の価値があるからです!

そして、理解が難しい相手とパートナーシップを組むというのは、根底に”深い繋がり”があります。

その繋がりがなかったら、さっさと別れるじゃないですか!(笑)

 

 

もちろん、「別れてはいけない」と言うつもりはありません。

でも、5%だけの顕在意識で相手を見て、裁いて、感情的になって別れるなら、その前に、95%の潜在意識がなにを見ているのか、どんなメッセージを伝えようとしているのか、考えてみても良いのではないかと思います。

相手が変わっても、自分自身が変わっていなければ、同じようなことが繰り返し起こりますからね。

 

 

実は、1999年に東京に引っ越してきたとき、「もって2年くらいかなぁ」と思っていたんです(笑)

私自身、束縛されるのが嫌で、独り暮らしが心地よいと思っていた人ですから。

最初は入籍もしなかったし、いつでも帰れるように、名古屋のマンションは処分せず友人に貸していました。

それが20年以上、東京で一緒に暮らしているんですから、驚きです(^o^)

 

 

スピリチュアルなこととか、思考の現実化の理論とか、いろいろなことを体験し学んできましたが、一番多くを学んだのは、彼との関係からだったと思います。

喧嘩して辛いこともたくさんあったけど、そこから得られたもので、今の私は満たされています。

本当に感謝ですね\(^o^)/